最早ふるさと納税は生活の知恵です|魅力的なお礼が盛り沢山

税金の還付

風景

大きい税金の還付

ふるさと納税をすることによって、受けられる税金の還付。これをもっと詳しく言うと、所得税控除額と個人住民税控除額の両方、2,000円を超える部分について対象となるそうです。もし1万円寄付をしたら8000円の還付が受けられ、4万円寄付したら38000円の還付が受けられるということになるので大きなメリットといえます。そして、同時に寄付した自治体からお礼の品が贈られてきます。つまり、実質2000円の負担でお礼の品がもらえるということになるのです。お礼の品は寄付する額によっても、多ければ多いほどより高級なものになりますし、その自治体の特産品などをお礼の品にすることが多くなります。たとえば、ブランド牛のステーキや高級果物などが2000円で食べられてしまうのです。普通に買えば2000円どころでは到底済みません。
これまで、その土地に足を運ばないとなかなかありつけなかった食べ物も、ふるさと納税をすることで家にいながらにしてその食べ物を味わうことができます。そして気に入ったならば旅行を検討するということもできるのです。まさに、ふるさと納税は日本の地域を活性化する秘策になっていると言ってもいいのかもしれません。

税金が増える、減る?

ただ、ふるさと納税をすることによって気に入った、応援したい地域の税収は増えるのですが所得税、住民税の還付が行われることで現に住んでいる地域の税収は減ってしまうという現象が起きてしまいます。もちろん、現に住んでいる地域もふるさと納税をしてもらうことで、他地域に住む人からの税金収入を増やせばいいので地域間の競争はますます激しさを増しているのが最近の現状です。やはり、ふるさと納税をしてもらうための呼び水となるのはお礼の品です。お礼の品合戦が過熱を帯びてきているといえます。